2011年04月04日

東北大震災チャリティLIVE

3/21、ゴールデンエッグでのライブに来ていただいたみなさん
ありがとうございました!

今度はゴールデンエッグで4/23(土)に行われる
東北大震災チャリティLIVEに参加します。

ほんの少しでも震災からの復興に役立てばと思います。
詳細はまたお伝えします。

以下、ゴールデンエッグのスケジュールから
---------------------------------
【東北大震災チャリティLIVE】 Open19:00/Start19:30
Charge 0円 2drink制1000円
募金箱を置きます。集まったお金は間違いなく義援金とします。
・巴里野郎
・吉田マサオ(Gypsie)
・RoundFace
・Red Octopus
・NightMusic band
---------------------------------
ゴールデンエッグ
http://bit.ly/e8oBZk
posted by 浅谷龍彦 at 15:49| 千葉 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記(ぼやき) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月05日

Red Octopus ライブのお知らせ

3/21 (祝) の春分の日、歌舞伎町のゴールデンエッグという
ライブバーでライブやります!
出演は19:30 から。お代は1ドリンク込みの\1500です。
みなさん見に来て下さい。是非!是非!!

ゴールデンエッグ
http://bit.ly/e8oBZk
アクセス案内
http://bit.ly/fuKRSp

今回は新曲が2曲。
ロックンロールとロッカバラード?な2曲です。
お楽しみに!

★ Set List ★
・Shake Off The Blues [新曲]
・愛と言う名の車に乗って
・日曜の夜よ [新曲]
・I Want You
・My Sweet Baby

Rockin' all over the world.
posted by 浅谷龍彦 at 20:01| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(ぼやき) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月12日

アジアカップ(2)

日本代表は92年から11年までのアジアカップ6大会中4回優勝してい
る。オフトからザッケローニまでの監督の内で優勝していないのは、
96年の加茂8強と07年のオシム4強だけだ。アジアカップの成績だけ
を見ると、90年代以降あきらからに日本がアジアのトップになる。

だがサッカーの代表戦において、絶対的な基準になるのはワールド
カップでの戦績だ。アジアカップで不振でもワールドカップで活躍す
れば許されるだろうが、アジアカップに優勝してもワールドカップに
出場できなかったら許されるはずもない。

ワールドカップでの実績を見た場合、アジアから最多の8回出場を果
たしている韓国が1番になるだろう。しかも86年から7大会連続出場。
02年大会では自国開催(共催)のアドバンテージを活かし、これまた
アジア最高の4位を記録。11年大会でも16強入りしている。

その韓国がアジアカップではこのところ4強が最高で、決勝に進んだ
のは88年大会が最後だ。次の92年大会から日本が優勝し始めるのと
対照的で面白い。
こう見るとワールドカップでは80年代以降韓国がアジアをリードし、
アジアカップでは90年代以降日本がリードしている状況が見えて来る。
ラベル:Football
posted by 浅谷龍彦 at 01:51| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(ぼやき) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月30日

アジアカップ(1)

昨日というか今日というか、サッカー(フットボール)の日本代表が
アジアカップで4回目の優勝を果たした!

去年のワールドカップ時点での記事で、ここ最近オーストラリア、韓
国に勝てていない日本は、もはやアジアでもトップグループではなく、
セカンドグループに落ちており、再びこの2ヶ国に勝なければトップ
グループには戻れない、と書いた。
それが今回のアジアカップではその2ヶ国に勝っての優勝だ。これで
日本がアジアのトップグループに返り咲いたのは間違いない。試合後
のインタビューで本田も、オーストラリア、韓国に勝っての優勝の意
義を強調していた。

だが今後オーストラリアも韓国も日本に勝つために強化し始めるだろう。
こうしてアジア内での競争が促され、全体のレベルアップにつながるの
はいい事だ。
今大会を通じて感じたのは全体のレベルアップと同時に、中東の強豪国
の低迷だ。90年代からアジアは日本、韓国、サウジアラビア、イランが
4強を形成して来た。これはワールドカップ出場数とアジアカップの成
績を合わせ見てもそう言えるだろう。しかし今大会の中東勢で目立った
のはサウジ、イラン以外の国だった。近年中東諸国のレベルが底上げさ
れているのを実感するが、同時に突出した国がなくなった印象もある。

しかしサウジもイランも復活を懸けて強化を始めるだろうし、それがま
たアジアの成長のサイクルをドライブさせるだろう。オーストラリアが
加わって今までにない要素がアジアにプラスされた。これはアジアにとっ
て良い事だと思う。アジア全体のレベルが上がらないとワールドカップ
の出場枠が減らされかねない。

それにしても優勝を決めた李忠成のボレーシュートは素晴らしかった!
だが彼はもう柏にはいない...
ラベル:AsiaCup Football
posted by 浅谷龍彦 at 18:47| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(ぼやき) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月23日

kummundgalland

Tシャツイノベーター クマンドギャランド。
オリジナルデザインTシャツ、パーカー、カットソーの通販専門店。
http://www.kummundgalland.com

ちょっといかしたすかしたいかれたTシャツ屋さん。
デザインもメジャー/マイナー、パロディー/ノスタルジーの
はっきりしない独特=オリジナルなもの。
うちのバンド、Red Octopusや友人のMaracas White Special Bandの
Tシャツなんかもあります。

オリジナルTシャツも作ってくれますよ!

ブログはこちら
http://ameblo.jp/kummundgalland/

なんだかわからないがとりあえずかなりヤバい。
posted by 浅谷龍彦 at 19:16| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(ぼやき) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月30日

乳癌について Vol.15

去年の9月に検査をしてから1年が経ち、ちょっと遅れて今年は11月になって
妻は検査を受けた。今回も超音波、骨シンチ、マンモグラフィー、血液、レン
トゲン、CT、MRI、肝臓の超音波などの検査を行ったようだ。
結果はどれも正常で、なにも問題はなかった。再発の兆候はない。

しかし今この記事を書くために、前回の検査結果の記事を読んでたら、「胆嚢
に3mmのポリープ」とある。そんな話すっかり忘れていた(笑)。
今回胆嚢に関する話はなかったので、次回診察時に確認する必要がある。

現在、ホルモン治療が3年目に入った。
約2年間続いた月1回の注射が終わり、今は3ヶ月に1回の通院で薬をもらうだ
けだ。ただ薬の服用は後3年続く。

それから4月には、妻との相性が悪かった先生がいなくなり、担当医がまた変
わった。今度の先生は30代後半ぐらいで、話す時に軽く笑顔を作る。今まで
にない愛想のいい先生で、妻の感触も悪くない(笑)。

次回の検査はまた1年後。
ラベル:乳癌
posted by 浅谷龍彦 at 22:49| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(ぼやき) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月09日

John Lennonの誕生日

10/9はJohn Lennonの誕生日だそうだ。
生きていたら70歳。
80年に40歳で殺されて30年。
今日はちょうどバンドの練習。
She Loves You もやるだろう。

http://imaginepeacetower.com/

Well, shake it up baby now.
Twist and shout!

I am the walrus, goo goo g'joob.

She loves you, yeah yeah yeah yeah.
ラベル:John Lennon
posted by 浅谷龍彦 at 02:25| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(ぼやき) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月18日

梅田洋品店

梅田洋品店は西荻にある”アフリカ”のお店。
なにが”アフリカ”かというと、店主の梅田さんが作る服や小物雑貨には、
自らがガーナや南アフリカ、セネガルなどに行って買い付けて来た独特のデ
ザインの生地が使われているからだ。
サイトを見てもらう方が早いが、その生地のデザインはどれも強烈で面白い!
またその他にもフェアトレード+オーガニック物のワイン(南アフリカ産)
などもある様子。

梅田洋品店 webサイト
http://umeday.com/

オンラインショップ「アフリカワイイ」
http://africawaii.com/

twitterではアフリカ諸地域の諺なども紹介していて、こちらもまた面白い。
twitterアカウント:Umeda_YoHinTen
posted by 浅谷龍彦 at 23:06| 千葉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記(ぼやき) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月13日

ワールドカップ その2

このブログを始めてから2度目のワールドカップが始まった。
前回、2006年のワールドカップの時に書いたブログを読み返してみると
"自国開催の2002年大会を考慮に入れずに考えれば、日本も韓国も1勝も
していない。"と書いている。
しかしその後、韓国はトーゴに勝って、ついに1勝を上げた。
日本は2002年を除いて、2大会6戦中、5敗、1分け。上げた得点は計3点。
98年ジャマイカ戦のゴン中山、06年オーストラリア戦の俊輔、06年ブラ
ジル戦の玉田の3ゴールだ。

今大会も日本が最初に目指すべきなのは、引き続き自国開催以外での1勝。
そしてそれよりもまずやらなければならないのが、1試合2得点である。
前回も書いたが、2点取っても勝てるとは限らないが、2点取れなければ
まず勝つ事はできない。なぜなら日本が失点0で守りきれる確率もまたか
なり低いから。(前回クロアチア戦は0封での引き分けだったが)

今回日本の予選グループにはオランダ、デンマーク、カメルーンが入って
いる。この中でオランダ、デンマークは最近の大会で予選敗退していない。
逆にカメルーンはロジェ・ミラが活躍した90年大会以外は決勝トーナメン
トに進んでいない。日本は前述の通り。
順当に実績で考えれば、オランダ、デンマーク、カメルーン、日本の順位
なるのが当たり前だ。果たして日本は番狂わせを起こせるか?

今大会も日本の全てが初戦のカメルーン戦に懸かっている。カメルーンも
日本同様に大会前の調子は良くなかったようなので、勝つチャンスはある。
そして日本の場合は、この試合に勝てば予選通過の可能性が残るが、負け
れば3戦全敗の流れになってしまうだろう。

続きを読む
posted by 浅谷龍彦 at 05:01| 千葉 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記(ぼやき) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月17日

Red Octopus ライブのお知らせ

4/24 (土) に日野にあるライブハウス"Soul K"でライブやります!

Soul K↓
http://www.hinocatv.ne.jp/~soulk/

出演時間はたぶん 19:00〜19:40 になるかと思います。
西東京に近い方や興味のある方、みなさん見に来て下さい!

今回はビートルズのカバーもやります。

★ Set List ★
・後悔
・Walk On The Wild Side
・My Sweet Baby
・A Cross The Universe 〜 I Want You
・She Loves You

 ※She Loves You は原型を留めない仕上がりになっております。
posted by 浅谷龍彦 at 03:20| 千葉 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記(ぼやき) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月27日

三種の「へ」

千葉の北東部の田舎には3種類の「へ」がある。
それは「だへ」「だべ」「だっぺ」。
使い方はみな一緒。ただ使う地域が違う。
しかし意外と2種類使う地域も多いかもしれない。
いやっ。もしかしたら俺は3つ全部使ってるかもしれない。(笑)

自分は基本的には「だへ」使いだが、会話の勢い、酔った勢いで
「だべ」、「だっぺ」と口走ってしまってる可能性がある。
はっきりとは覚えてないが。。。

ちなみに自分のテリトリーからちょっと離れた高校に通っていた頃は
俺が「だへ」と言うと、周りの「だっぺ」使い達に「だへ!?(笑)」
とよく聞き返された。

大学に入ると、入ったサークルに「ぺー」というあだ名の先輩がいた。
なぜ「ぺー」かというと、もちろん「だっぺ」を使うからだ。
もしその人より俺が先に入っていたら「へー」という
あだ名になってたかもしれない。(笑)

ちなみにちょっと調べてみたら、林家ペーは、大阪が地元の人らしい。
posted by 浅谷龍彦 at 23:24| 千葉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記(ぼやき) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月05日

乳癌について Vol.14

去年の8月に検査をしてから1年が経ち、9月になってまた妻は検査を受ける事
になった。今回も超音波、骨シンチ、マンモグラフィー、血液、レントゲン、
CT、MRI、肝臓の超音波などの検査を行った。

結果はどれも正常で、なにも問題はなかった。再発の兆候はない。
ただ胆嚢に3mmのポリープが見付かった。しかしこれは、1cmになると切る
必要も出て来るが、消える事もあり、気にする必要はないとの事だった。
当然だが、検査してからその結果がわかるまでの間、妻は少しナーバスになる。
だが、正常という結果を聞いて安心したようだ。

次回の検査はまた1年後。
そして今回も先生の首を絞めずに済んだ(笑)。
posted by 浅谷龍彦 at 01:48| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(ぼやき) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月05日

Red Octopus ライブのお知らせ

急に決まったんですが、
7/11(土)に日野にあるライブハウス"Soul K"でライブやります!

Soul K↓
http://www.hinocatv.ne.jp/〜soulk/

出演時間はたぶん 19:00〜19:40 になるかと思います。
西東京に近い方や興味のある方、みなさん見に来て下さい!

★予定演目★
・My Sweet Baby
・愛はファシズム
・She Said "Good Bye"
・後悔
・Walk On The Wild Side
・愛と言う名の車に乗って
・I Want You

※今回はベリーダンスは付いてません。(笑
ラベル:ROCK BAND live
posted by 浅谷龍彦 at 16:37| 千葉 🌁| Comment(1) | 日記(ぼやき) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月01日

乳癌について Vol.13

去年の6月からホルモン治療を続けている。もうすぐ1年になる。月1回の注射は
もう1年、薬の服用はあと4年続ける事になる。治療自体に問題はない。順調だ
ろう。だが1つ問題がある。妻と現在の担当医の相性が悪い。(笑

最初の担当医は去年の7月に配置転換でいなくなり、その後は3人の先生による
当番制に変わった。それが今年の1月ぐらいに、今の担当医に落ち着いたような
のだが、この先生は、”まあ細かい事は気にせず、お任せください。”という
ようなタイプの人なのだが、妻は細かい所を1から10まで聞きたいタイプ。
合わない。(笑
妻に言われて、一度付き添って行って俺もこの先生に会ってみたが、”お任せく
ださい”という感じを出しているわりに、どこか人に安心感を与えない印象だっ
た。もちろん悪い人ではないのだろうが。

そこで妻は最初、担当医を今の先生から変えてもらえないか、この病院の相談員
というソーシャルワーカー的な人に相談したらしいのだが、他の先生も既に多く
の患者を抱えていて代われないという事だったようだ。そうなると次には転院す
るか?という事になるのだが、転院先の先生がまたどんな先生かわからない訳で、
まずはセカンドオピニオンで他の病院の先生も見てみようという事になった。
また今までやってきた治療が、他院の先生にはどう見えるのか、どう評価される
のか、ここで一度振り返るのもいい機会ではないのかとも考えた。

それで3月に担当医に招待状とレントゲン写真などの今までの治療資料を渡して
もらい、他院のセカンドオピニオン外来を受ける事にした。そして4月に予約が
取れ、セカンドオピニオンを受けた。
続きを読む
posted by 浅谷龍彦 at 00:56| 千葉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記(ぼやき) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月15日

Red Octopus ライブのお知らせ

今年最初のライブになります。
2009/3/14(土)、場所は大塚のWelcomeBack!というライブハウスです。
出演時間は17:00〜17:45。
最後の2曲ではベリーダンスとのコラボもあります。
お暇な方、興味のある方、みなさん見に来て下さい!

WelcomeBack!↓
http://www.welcomeback.jp/
posted by 浅谷龍彦 at 18:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記(ぼやき) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月20日

麻生と志位

今日、仕事から帰ってテレビのチャンネルを回していたら、村上龍が司会の番組
『カンブリア宮殿』に共産党の志位委員長が出ていた。ちゃんと見てはいなかっ
たが1つだけ笑った点があった。それは村上龍から共産党のスローガンについて
聞かれた話の流れの中で出た次のような志位委員長の言葉だった。
「共産党が政権を取っても、すぐに共産主義に移行する事は考えてません。まず
 資本主義のままで出来る改革を行った後で、国民の合意を得てから共産主義に
 移行して行く事を考えております。」
だいたいこんな内容だった。

なぜこの話で笑ったかと言うと、直前にNHKのニュースで麻生総理の次のような
国会での答弁映像を見ていたからだ。
麻生総理は消費税の引き上げ問題についてこう答弁していた。
「経済の回復を前提に、3年後に消費税の引き上げをお願いしたい。」

すぐにわかると思うが、この2人の言い方がまったく同じなのだ。
片方は、資本主義の改革後に共産主義に。。。
片方は、景気回復後に消費税を。。。

もちろん志位委員長は、もし万が一共産党が政権を取ったらすぐに「資本主義の
改革」を終えて共産主義に移行するだろうし、麻生総理も3年経ったら(まだ自
民党政権だったら)すぐに消費税を引き上げるだろう。

ポイントは、改革が終わって国民の合意を得る場合も、経済回復したという場合
も、その条件をクリアしたかどうか判断するのは、言った本人(あるいは後任者)
だという点だ。つまり彼らはハードルを飛び越えるつもりはなく、時期が来たら
ただハードルを片付けて通るだけだ。
posted by 浅谷龍彦 at 00:59| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(ぼやき) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月13日

乳癌について Vol.12

放射線治療は8月中旬に終わったが、治療後の経過を見るためか、月に1回ぐら
いのペースで放射線科の診察を受けなければならないようだ。放射線を当てられ
て日焼けのような部分も、元に戻るまでには1年以上かかるらしい。
しかしまあ、後残る治療はホルモン療法だけになった。ホルモン療法は月に1回
の通院ですむので、放射線治療と比べるとだいぶ楽だ。ただ結局、放射線科の診
察とホルモン療法とでしばらくは月2回通院しなければならないのだが。

ホルモン療法はまず治療効果が期待できる体質かどうかが問題になる。治療効果
が期待できる体質とは、手術や針生検で採取した癌細胞の中に、エストロゲン受
容体かプロゲステロン受容体というホルモン受容体の量が一定量以上あった場合
の事をいうらしい。妻の場合は手術時に摘出した細胞が検査され、治療効果が期
待できる「ホルモン受容体陽性」の体質だという事がわかっていた。

治療内容としては、月1回のLH-RHアゴニスト製剤の注射と毎日2回の抗エストロ
ゲン剤の服用である。LH-RHアゴニスト製剤がエストロゲンの分泌を抑え、抗エ
ストロゲン剤が癌細胞とエストロゲンの結合を阻止するらしい。
治療期間は、LH-RHアゴニスト製剤の注射が約2年間、抗エストロゲン剤の服用
が約5年間で、まだまだ先の長い話である。

ホルモン療法の副作用は、ホルモン療法が女性ホルモンへの作用を目的とした治
療であるため、女性ホルモンのバランスが崩れた時に起こる体の変調と同じよう
な症状になるらしい。いわゆる更年期障害に似た症状が出るという事だ。どうい
う症状が出るかは個人差が大きく、妻の場合、今のところは、以前より喉が渇く
という事と生理が止まるという症状が出ている。生理が止まるのは注射を打って
いる2年間らしい。
posted by 浅谷龍彦 at 19:03| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(ぼやき) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月23日

乳癌について Vol.11

前回書き忘れたが、妻の話では白血球だけでなく肝臓にも影響が出ていたようだ。
やはり抗ガン剤治療は体に負担がかかる。それから6月に入った頃に、担当医が
異動になる事と、以降この病院では乳腺外来が担当医のない当番制に変わる事
が知らされていた。また診察日も月曜と木曜の週2日から木曜だけになると。
(この病院でも医師不足?)

結局抗ガン剤治療は6回目が中止になって、1月の終わりから6月の終わりまで約
4ヶ月間の治療で終わった。6回目の抗ガン剤治療の日、担当医からは抗ガン剤治
療は中止して、ホルモン療法にすると告げられ、妻は速攻ホルモン療法の注射を
打たれたらしい。そして、それと同時に翌日の7月から放射線治療も開始すると
告げられた。(そんな話、事前にぜんぜんなかった(笑))

そして翌日から間髪入れず放射線治療が始まった。放射線治療は30回、毎日通っ
て治療を受ける必要があり、これまた大変だ。初日には放射線を当てるための目
印を胸や脇腹、腕に、なかなか消えないマーカーでマーキングされてから放射線
を当てられたようだ。マーキングで当てる場所を決める事が重要らしい。
夏の暑い時期だと腕や胸元に書かれたマークが見えて、女性にとっては見た目的
に気になるだろう。それほど目立つわけではないのだが。

続きを読む
posted by 浅谷龍彦 at 01:44| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(ぼやき) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月09日

乳癌について Vol.10

最初の点滴が終わって家に帰ったが、やはり吐き気などの副作用が気掛かりだった。
しかし妻の場合よくいわれる副作用は出ず、代わりに眠気がひどくて何時間寝ても、
またすぐ寝るような事が何日かあった。最初の1週間は眠気以外の副作用はないよう
だった。

1週間経って、妻は血液の状態を見るために病院に行った。検査結果は特に異常無く、
また1週間後にチェックする事になった。(結局毎週病院に行かなければならないわけだ)
その次の検査でも特に異常はなく、2週間が経った。

そして最初の点滴から3週間が経って、2回目の点滴投与になった。また血液検査か
ら始まって、検査結果を確認し、治療可能かの判断後、点滴となる。
この頃になると徐々に髪の毛が抜け始めてきた。髪の毛を梳かしたり、洗ったりす
ると普段より抜ける髪の量が多くなってきたらしい。妻は、あらかじめいくつか帽
子を買っていたので、その帽子をかぶり病院に行くようになった。また免疫力も低
下してくるのでマスクもするようにしていた。

続きを読む
posted by 浅谷龍彦 at 00:43| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(ぼやき) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月09日

乳癌について Vol.9

1月の終わり頃から抗ガン剤治療が始まった。
当初の説明では半年間という事だったが、正確には3週間周期での点滴による抗
ガン剤の投与を6回行なうというものだった。どうもこの担当医の最初の説明は
大雑把過ぎるようだ。3週間で6回なら18週という事だから1月=4週で考えると
4ヶ月半だ。半年とか言わずに18週と言ってもらいたい。

行なう治療は"CEF療法"と呼ばれるものらしい。"CEF"とは使う薬の頭文字で、
C:エンドキサン、E:ファルモルビシン、F:ユーエフティという3種類。
このうちエンドキサン、ファルモルビシンが点滴で、ユーエフティだけが飲み薬。
3週間が1周期で、まずエンドキサン、ファルモルビシンの点滴を行なう。点滴は
3週間に1回。と同時にユーエフティを飲み始めて2週間服用、1週お休みになる。

副作用としては、脱毛、吐き気、発熱、膀胱炎、白血球の減少などがあるが、個
人差で他にもいろいろと出るものがあるらしい。治療の間、吐き気止めや解熱剤
など複数の副作用止めも飲み続ける事になる。が、脱毛は治療が終われば終わっ
てまた生えて来るので特に薬はないようだ。それから吐き気止めは点滴の中にも
入っているらしい。

続きを読む
posted by 浅谷龍彦 at 19:16| 千葉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記(ぼやき) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。