2008年05月26日

自己保存?

ただの作り話でしか無いような「自然状態」と言う仮説が説得力を持つとしたら、
それは何によるものなのだろう?
僕の考えでは、論の出発点に置かれた「自己保存」という法則の確実性が「自然状
態」の話にその説得力を供給している。およそ生物ならばその行動の目的は、自身
の生命を維持する事であるというのがその認識であり、生物の行動の基本原理とさ
れるものだ。この点についてはスピノザからルソーまで当然の様に無批判で受け入
れていて、それぞれの論を進める上でも当然の前提として語られている。

ホッブスの国家論はここから演鐸される。まず「自己保存」の為に行動する権利と
して「自然権」が導き出される。がしかし、個々の「自然権」は互いに衝突し合い、
「各人の各人に対する戦争」状態に陥る事になる。このため、この様な状態になる
と人間の理性が次の様な「法」をもたらすとされる。

 「他人が自分に対してしてくれるように、あなたがともめるすべてのことを、
  あなたが他人に対しておこなえ」(聖書)

 「あなたに対してなされるのを欲しないことを、他人に対してしてはならない」
  (ローマ法)

 「自分の望まないことは人にしむけないこと」(論語)

これが「自然法」だ。

ロック、モンテスキュー、ルソーはホッブスの「自然状態」論を批判して、「自然
状態」は戦争ではなく平和だったとしているが、その彼らも平和な「自然状態」の
後にはホッブスの「自然状態」と同様の闘争が起こるとしており、ロックとルソー
はそれを「戦争状態」と呼んでいる。どっちにしても調停すべき闘争が起きなけれ
ば「国家」の必要性が語れない訳で、其の点で大差はないように思える。
posted by 浅谷龍彦 at 01:17| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 思索(自由) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。