2012年04月09日

3.11 その6

外に出て見ると風のない良く晴れた朝の世界がそこにあった。
昨日の地震やその後の混乱もなかったかのようだった。
しばらく京成の最寄り駅に向かって行くと、また道が車で混
雑して来た。朝の通勤ラッシュだ!土曜だから平日ほどでは
ないのだろうが、結構込んでいる。もうすぐ渋滞が始まりそ
うな勢いだ。そしてその車の群れの中には、通勤ではなく、
昨夜からの帰宅の車もいたに違いない。

さらにちょっとすると昨日電話したレンタカー屋の前に来た。
もうレンタカーを借りるつもりはないが、一応レンタカーが
あるかどうか聞いてみた。すると、まだレンタカーはないま
まだった。

30分ぐらい歩ってやっと駅に着いた。一息ついた後、女性と
改札口に行ってみると、人気もなく何かおかしい。電車が動
いている気配がない。あれ?
良く見てみるとそこは京成の駅ではなく、東武の駅だったw
二人とも京成の駅に行った事がなかったので、近くにある東
武の駅に来てしまったのだ。
二人で「京成が動いてないかと思って焦った!」と笑いなが
ら、また京成の駅に向かって歩いた。

それから10分ぐらいかでやっと京成の駅が見えて来た。こち
らは東武の駅とは違い、他にも駅に向かう人達がいて、電車
が動いてる感じだ。

駅に近付いて行くと遮断機が降りる時の警報音が鳴り出した。
電車が来る!しかも遮断機の矢印を見ると千葉方面の電車の
ようだ。これを逃したら次いつ電車が来るかわからない!
二人で駆け出して改札からホームに飛び込んで行った。
ホームに入ると既に電車は止まっていて、開いたドアから人
が降りて来ていた。最後尾のドアから乗り込んだが、混んで
はいても寿司詰状態にはなっていなく助かった。
乗った電車は青砥で止まる電車だった。

電車は青砥までの間、何度も止まり、のろのろと走っていた。
止まる度にこのまま動かなくなるのではと、不安がよぎった。
車窓から時々仕事場のビルが見えた、なかなか遠離らないw
やっと青砥に着き、駅員に乗り継ぎを確認した。
駅員によると、約10分後に別の千葉方面の電車が来て、それ
に乗って高砂まで行き、そこから今度は北総線に乗り換えら
れるとの事だった。

駅員を信じw、 約10分後に来た電車に乗り、高砂で降りて
北総線を待った。順調だ。そして北総線も10分ぐらいでやっ
て来た。混雑もそれほどひどくない。その電車に乗り、やっ
と東京脱出の瞬間がやって来た。

電車が橋に差し掛かり急に車窓からの視界がひらけ、澄み切っ
た寒い青空の下に流れる江戸川と両岸の河川敷、遠くにはまだ
仕事場のビルが見えたw。やっと東京とお別れだ!
posted by 浅谷龍彦 at 23:37| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(ぼやき) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。