2011年11月29日

3.11 その4

7時頃、仕事場で、そのまま泊まる人の確認が行われた。
またその時に、買い出した夜食があり、誰でも食べられる事
が告げられた。ざっとフロアを見渡して、通常の1/4の人が
残っているようだった。

携帯が壊れ、暇つぶし手段を失ったので、眠くなるまで普通
に残業する事にしたw。あまり空腹感はなく、ウィダインゼ
リーをすすったぐらいで、特に何か食べたいとは思わなかった。
人が少なく普段の雑音がないフロアでは集中して仕事ができるw。
だが仕事に飽きて窓の外を見ると、外では道が車で溢れかえ
り、赤いテールランプで埋め尽くされていた。

高速道路は地震後すぐに閉鎖され、時折点検車と思われる車
が走っているだけだった。ネットのニュースでは、JRの駅は
閉鎖され、徒歩で帰宅する人達、施設を解放している話など
が載っていた。

12時まで仕事をし、その後、眠るために椅子を並べて横になった。
空調が利いてるため、寒さは感じず、思ったよりスムーズに
意識が遠のいた。ビルの外の光景は変わらず車の波だった。

その後4時頃目が覚めた時も車は少し減った程度だった。
だが6時頃目が覚めた時にはほとんど車がなくなっていて驚いた。
次に7時頃にまた目が覚めた。そこで起きる事にした。
posted by 浅谷龍彦 at 00:07| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(ぼやき) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。