2006年02月07日

I Want You

Sadistic love songs.

この歌の主人公は言葉通りの欲求をあなたに向けている。
比喩でも誇張でもなく文字通りに。
主人公はあなたを、唇、声、髪、腰などの部分でしか見ていない。
主人公にとって関心のある部分でだけ見られている。
とにかく彼はあなたが欲しい。

人は、本当に大切なものについて「失う」ぐらいなら
自分で「破壊」しようとする傾向を持っている。

I Want You
-------------------------------------------------
君の唇、真っ赤に熟れた血の出るトマト
甘い声で歌い、卑猥な言葉で囁きかける
君の唇に噛みつきたい I want you

君の心、限りなく透明に近いブルー
わがまま気まま、人をひきつけ惑わす笑顔
君の心に突き刺したい I want you

鳴り響く音の中で、踊りくねるその身体
堪らなくいやらしい I want you

君の愛、もぎたてそのまま黄色いレモン
とても酸っぱい、匂いと刺激の熟れ濡れ果実
君のその愛を飲み干したい I want you

黒い髪腰を揺らし、唇とリズムをあわせ
君と踊りたい I want you

黒い髪腰を揺らし、唇とリズムをあわせ
抱き締め殺したい I want you

-------------------------------------------------

※ファイル転送サイズ制限のため、公開している音源はモノラルになってます。
posted by 浅谷龍彦 at 23:32| 千葉 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 歌詞・試聴(Red Octopus) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
傑作ですね。

「真っ赤に熟れた血の出るトマト」

ここは一瞬何のことかと、惑うところなんですけど(笑)
Posted by がんぽお at 2006年03月02日 09:14
ありがとうございます!
実際、噛んでみるとわかりますよ。
触感/食感が似てるのが。
もちろん血も出ます。(笑
Posted by 浅谷龍彦 at 2006年03月02日 23:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。