2022年04月15日

短歌

桜散り 川面に舞いて 浮かび行く
妻は何処か 川の向こうか
posted by 浅谷龍彦 at 21:57| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記(ぼやき) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月31日

乳がんについて Vol.25

お彼岸も終わり、もうすぐ3月も終わろうとしています。お彼岸にはまた何人もの方が妻にお線香を上げに来てくれました。来てくれた方々と妻の話をするのは楽しく、話した後では少し心が軽くなった気がします。

また、妻は杖や車椅子を使っていたので、外で同じように杖をついて歩く人や車椅子に乗っている方を見かけると気になってしまいます。何かできる事はないかといつも考えます。テレビで災害や、最近のロシアのウクライナ侵攻で被害を受けている人々が悲しみ、苦しむ映像を見ても妻へと連想がつながっていきます。まだまだ妻は思い出にはなっていないようです。

以前、妻が書いた詩に「みんな幸せになればいいのに」というタイトルものがあります。今は本当にみんなが幸せになれればいいのにと心から思います。

ラベル:乳がん
posted by 浅谷龍彦 at 07:44| 千葉 | Comment(0) | 日記(ぼやき) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月26日

No War!

すべての戦争に反対します
posted by 浅谷龍彦 at 20:12| 千葉 ☀| Comment(0) | 思索(自由) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月07日

乳がんについて Vol.24

先日、妻の四十九日になりました。法要は少し早くに執り行いました。そしてだんだん妻がいない寂しさを感じるようになって来ました。これはこの前まで感じていた妻がいない事への違和感が薄れ、妻の不在を実感するようになったと同時にその不在を体と脳が受け入れ始めたのだと思います。


妻の写真や妻に纏わる物や場所に接すると複雑な気持ちが沸き起こります。悲しさ、寂しさ、懐かしさ、後悔、自負。自分には妻に出来る事は出来るだけしてやったという自負があります。でも同時に、もっとやれたんじゃないか?他にもやれる事があったんじゃないか?との考えが頭を過ぎります。どうしてでしょうか?


ここには一つの錯覚というか、判断条件の決定的な違いが潜んでいる事を忘れがちです。まだ先のわからない複数の可能性がある状況での判断と、ある結果が出た後から同じ状況を振り返るのとは考える条件が決定的に違うという事を。進行中の状況では考えうる可能性を考慮して行動を選択します。そのため結果後から振り返ると中途半端だったり、時には無駄だったりする事をしていたりします。


では逆に、後から振り返るとどうして進行時と違うように見えるのか?それは結果を起点にして結果から過去を再構成して考えてしまうからです。結果から過去を見ると結果に向かって一本の道筋があったかのように見えます。と言うよりも人の思考習性として状況を整理して一つのストーリーを作ってしまいがちです。あたかも一つの道が始めからあったかのように。でもそれは実際とは違います。実際にはあり得たはずの別の可能性も考えながら判断し行動して来たはずです。そこには起こらなかったいくつもの可能性があったはずです。

とは言っても振り返って後悔してしまいます。それはやはりまだ結果を受け入れたくないからかもしれません。

妻がいる間は、妻だけでなく、平日には毎日朝昼夕とヘルパーさんが来てくれ、さらに看護師さん、訪問医さん、理学療法士さん、訪問歯科医さんなどが入れ替わり立ち替わり来てくれていました。それはそれで大変でしたが、同時に賑やかで楽しく来てくれた人と触れ合う時間でもありました。ところが妻がいなくなった途端、誰も来てくれる人がいなくなり、静かな自宅に1人ぽつんといる事になったわけです。

新型コロナウィルスの流行以来、仕事がほとんど自宅でテレワークになったので妻に付き添えたのは良かったのですが、今は黙々と仕事するだけで、寂しいです。

ラベル:乳がん
posted by 浅谷龍彦 at 17:54| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記(ぼやき) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月04日

乳がんについて Vol.23

妻のお葬式が終わり10日が過ぎました。
まだ妻が居なくなった喪失感のようなものは感じません。今までいつも妻のことを考えながら生活していたので、その習慣が体からまだ抜けておらず、妻のことを気にしなくていい生活に違和感を感じている状態です。

これは自分の想像ですが、人が幽霊や亡霊と言ったものを信じる、あるいは否定しきれないのは、今自分が感じるような、故人はもう居ないのに何か故人がまだいるような感覚、習慣が抜け切らない状態があるからではないかと思い当たりました。
昔の人は現代人よりも想像力が豊かだったでしょうから、このような感覚を持った時に、人によっては故人が幽霊として亡霊として目の前に見えたのではないか?気配を感じたのではないか?自分の内的な感覚を外部に実体化していたのではないか?自分で自分がこんな事を考えるとは思ってもみませんでしたが、不思議とそんな事を考えました。

また自分は、お葬式など一連の弔いの行事、儀式は故人の死を広く知らしめ、故人に関わる縁、人的ネットワークを故人抜きで再構成して行くプロセスだと考えています。それは人間関係だけでなく、資産など経済的、物質的な物の移管や故人が持っていた組織や社会的地位の権限の移譲を伴う場合もあり、どれもが現世に残ったものを故人から切り離して行く行為なのだと思います。

こう書くと故人に冷たい感じになりますが、こうして故人と残った人々を住み分けないと、後々両方とも不幸になって行くのかもしれません。故人は現世を離れ切れずに彷徨い、残された人々は幽霊や亡霊を見続けるのかもしれません。

ラベル:乳がん
posted by 浅谷龍彦 at 23:22| 千葉 ☀| Comment(2) | 日記(ぼやき) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月25日

乳がんについて Vol.22

先週の金曜日、妻が亡くなりました。
明日お通夜で明後日がお葬式。
診断はがん性リンパ管症というものでした。
まだよく理解してませんが、がんが転移した肺で血栓ができ、その血栓がリンパ管を詰まらせて呼吸ができなくなるという症状だったかと思います。
最後どこまで苦しかったのかわかりませんが、少しでも苦しさが少なかったとしたらよかったかなと思います。

今はただ、ありがとう、お疲れ様でしたとだけ書いておきます。
大好きでした。
ラベル:乳がん
posted by 浅谷龍彦 at 00:31| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記(ぼやき) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月11日

乳がんについて Vol.21

このブログが止まって何年になるか?前回が2014年9月だから7年かな?
だんだん記事を書かなくなってTwitterの転載が増えてはいたが、更新できなくなったのには別に大きな理由ありました。それは、妻に乳がんの再発が見つかって、それも左の胸と肝臓への転移もあるものでした。しかも肝臓への転移はかなりの範囲で、主治医からは治療しなければ半年とまで言われました。これが2015年5月のことです。本当はここからがブログに書いて、みなさんに伝えるべき状況でしたが書けなかった。しばらくはショックで眠れなくなって、それまでしたことのなかった寝酒をするようになりました。

ではなぜ今こうして書いているのか?それにも理由があります。2015年の再発からその後、骨、脳、肺へと転移が広がり、先月とうとうがん治療も終わって妻との時間も残り少なくなって、改めて妻と自分の経験をこれを読んでいただくみなさんに伝えたいと思ったからです。
再発以降、ブログは更新できませんでしたが治療のメモは取ってきたので、このメモを見返しながらこれまでの経験をお伝えしていきたいと思います。

今、妻は自分の後ろのベッドですやすや寝息をたてて寝ています。ここは病室、外にはのどかな田園風景と雲ひとつない青空が広がっています。
ラベル:乳がん
posted by 浅谷龍彦 at 16:30| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記(ぼやき) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月17日

2021年06月16日のつぶやき


posted by 浅谷龍彦 at 00:01| 千葉 ☁| Comment(0) | 呟き(吐息) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月30日

2021年05月29日のつぶやき


posted by 浅谷龍彦 at 00:01| 千葉 ☁| Comment(0) | 呟き(吐息) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月11日

2020年10月10日のつぶやき






posted by 浅谷龍彦 at 00:01| 千葉 ☔| Comment(0) | 呟き(吐息) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月06日

2020年05月05日のつぶやき


posted by 浅谷龍彦 at 00:01| 千葉 ☁| Comment(0) | 呟き(吐息) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月19日

2020年04月18日のつぶやき


posted by 浅谷龍彦 at 00:01| 千葉 ☔| Comment(0) | 呟き(吐息) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月12日

2020年04月11日のつぶやき


posted by 浅谷龍彦 at 00:01| 千葉 ☀| Comment(0) | 呟き(吐息) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月07日

2020年04月06日のつぶやき


posted by 浅谷龍彦 at 00:01| 千葉 ☀| Comment(0) | 呟き(吐息) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月06日

2020年04月05日のつぶやき


posted by 浅谷龍彦 at 00:01| 千葉 ☀| Comment(0) | 呟き(吐息) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月05日

2020年04月04日のつぶやき




posted by 浅谷龍彦 at 00:01| 千葉 ☀| Comment(0) | 呟き(吐息) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月03日

2020年04月02日のつぶやき


posted by 浅谷龍彦 at 00:01| 千葉 ☀| Comment(0) | 呟き(吐息) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月27日

2020年03月26日のつぶやき


posted by 浅谷龍彦 at 00:01| 千葉 | Comment(0) | 呟き(吐息) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月11日

2020年03月10日のつぶやき


posted by 浅谷龍彦 at 00:01| 千葉 ☔| Comment(0) | 呟き(吐息) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月28日

2020年02月27日のつぶやき




posted by 浅谷龍彦 at 00:01| 千葉 ☔| Comment(0) | 呟き(吐息) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする